2016年02月12日

北欧のクール

Copenhagen郊外の環境整備計画プロジェクトの一角にあったカフェ
カリフォルニアとはちがう空気と光の色です。
北欧の魅力は、日常で使うものの質の高さとデザインが普通でいてきれいなことです。
スタンダード(普通)の質の高さが、その土地の暮らしのレベルの高さではないかと
思います。
高級である必要はなく、安いものを探す必要もなく、ごく普通のものが普通の値段で、
いつでもどこでも手に入る…
質の高いスタンダードをベースにして、アートやデザインをプラスしながら、
自分自身の世界を表現していくことの余裕が北欧にはあると思います。12-journal_6193.jpg12-journal_6221.jpg12-journal_6192.jpg12-journal_6194.jpg
posted by YOKO at 12:28| Comment(0) | journal

ドイツの法律事務所

Frankfurt郊外の弁護士オフィスのテーブルのようす。
とてもドイツ的に整えられていて、一見、スキがなく、硬く感じますが、クライアントを
迎えるオフィスの心配りがとことなく漂う、よく見るとあたたかい風景です。
シンプルな白い食器はドイツの人々の媚びない生真面目な気質を象徴しているように
思えます。
12-journal-office-2.jpg12-jourlal-office-3.jpg12-journal-office-8.jpg12-journal-office-9.jpg
posted by YOKO at 12:25| Comment(0) | journal

笑うテーブル

ホテルの朝食の楽しみは焼きたてのブレッドやデニッシュのバリエーション。
そして、ティータイムのクロワッサンや焼き菓子。
Copenhagenのある日、こんがりとおいしい風景。
12-journal_5942.jpg12-journal_5988.jpg12-journal_5956.jpg
posted by YOKO at 12:09| Comment(0) | journal