2016年03月30日

003 らしくないブラシ、らしいブラシ

ブラシが好きで、たくさん集まっている。

なぜブラシが好きなのかは謎である。ブラシ好きが昂じて、11年前にはベルリンのブラシのお店を、4年前にはストックフォルムのブラシのお店を訪ねた。


ブラシは本来、欧米では目の不自由な人の手先仕事だった。

アメリカでもブラシにはそういう歴史があるとジム•ルイスから聞いていた。


http://dim-berlin.de/manufaktur/


ベルリンのお店はDIE IMAGINARE MANUFACTOUR (The Imaginary Manufactory  -DIM)という。

サイトでは 、people with and without disabilities つまり健常者とそうでない人たちによって作られていると書かれている。

効率を上げることを目的とした量産の世界とは対極にある。


ベルリンのブラシたちはとても独創的な発想で作られていて、ときにはブラックユーモアやジョークで、楽しいメッセージをくれる。

例えば、ネイルブラシ。NAILには爪と釘の2つの意味がある。通常 ネイルブラシといえば爪磨き。ところが、彼らのネイルブラシは釘にブラシが埋め込まれている。釘に埋め込むのはたいへんだっただろうと思う。

またTOOTH BLUSHは通常歯ブラシのこと。ところが、彼らのTOOTH BLUSHU字型の木の土台にブラシが歯のように埋め込まれている。しかも端っこのひとつは黒い色のブラシ。虫歯だ。


ユーモアやウィットでブラシの顔を作る。ながめていると、創り手の顔がうかんでくる。素朴でいて気品がある。ブラシという日常使いのものだから、遊ぶことで日常を笑い、日常をゆたかにしている。


ストックフォルムのお店は、日本でも人気のあるiris hantverkである。

ここでは14人のうち5人の視覚障害のある職人がスエーデンの伝統に沿ったブラシ作りをしているとある。同様に視覚障害のある職人とエストニアでも仕事をしているとある。

19世紀、このビジネスがスタートしたときは、視覚障害のある人たちだけが携わっていて、指先の繊細な感覚で優れたブラシを作っていたそうだ。


http://www.irishantverk.se


irisのブラシは実用的な形で、デザインが北欧らしくシンプルでクラシックな魅力にあふれている。ブラシというツールのアイコンとも言えるデザインで、ライフスタイル全体を包み込むスタンダードがある。


Irisのブラシだと、くつ磨きにも力が入る 。


お店は、ストックフォルムのにぎやかな通りにあった。

ストックフォルムの街では、男性も女性もシックな黒い洋服を着こなし、黒いキャンバス地のクラシックな乳母車を押していたのがとても印象に残っている。自転車も黒で、形や構造のバランスが美しく、ライダーたちは整然と街中を疾走していた。こういうシャープな凝らない北欧の美意識が、irisのブラシにも表れている。


原則を守り、足るを知るデザイン。


ブラシ好きの理由がなんとなくわかってきた。

アイコニックなデザインと 天然素材を生かす機能美が、だれにでもある、自分にも与えられている日常というステージに素直に響いてくるのだと思う。

何より、ブラシは持っていて贅沢をしているという罪悪感が薄い。


ブラシぐらいいいじゃないという気持ちが、つもりつもって今のコレクションになっている。

(写真のブラシは他のブランドのものも含まれています)


brush_6647.jpgbrush_6652.jpgbrush_6653.jpgbrush_6657.jpgbrush_6665.jpgbrush_6672.jpgbrush_6681.jpgbrush_6690.jpgbrush_6697.jpgbrush_6704.jpgbrush_6715.jpgbrush_6725.jpgbrush_6727.jpgbrush_6730.jpgbrush_6735.jpgbrush_6739.jpgbrush_6744.jpgbrush_6749.jpgbrush_6755.jpgbrush_6758.jpgbrush_6766.jpgbrush_6767.jpgbrush_6770.jpgbrush_6796.jpgbrush_6801.jpg

posted by YOKO at 01:14| Comment(0) | General Market

2016年03月01日

002 ポストカード専用スタンド

Cheap Chic(チープシーク)の代表とも言えるポストカードは手軽に手に入れることのできるミニマム•アート。

ポストカードをフレームなしで、カードイメージだけが存在して見えるようにという発想デザインした専用スタンド。

薄いフレキシグラス2枚が、木の立方体に彫り込まれたスリットの角度バランスでポストカードを支える。台となる木のかたまりは、いろいろ試して、アルダーに落ち着いた。重たい木のかたまりの台と軽くて薄いフレキシグラス、そこに際立つポストカードの存在。ミニマイズされた存在どうしのバランスも気に入っている。


2000年にオリジナルフォトのポストカードを日本で販売した。

カードを買ってくださった何人かの女性から素敵なメールをいただいた。その中の一人の女性、奈穂美さんとは今も交流が続いている。奈穂美さんは当時は大学生だったが、今はアクセサリーデザイナーとして活躍されている。

www.creema.jp/c/lesbijouxnaomi


1枚のポストカードが伝えてくれたメッセージは色褪せることなく、ふたりの人生をつないでくれている。

(写真は当時のポストカードの一部)


postcard_6451.jpgpostcard_6452.jpgpostcard_6445.jpgpostcard_6458.jpgpostcard_6448.jpgpostcard_6454.jpg02-postcard-cube3.jpgpostcard-cube4.jpg

posted by YOKO at 10:57| Comment(0) | General Market

2016年02月25日

General Market

日常使うものなら何でも売っているのがアメリカやイギリスのGeneral Market

よく西部劇などに出てくる白いエプロンをした無愛想な主人が応対するお店だ。

子供の頃の田舎町にはよろず屋さんと呼ぶお店があった。園芸道具から石鹸や洗剤、花火やノートやクレパス、ちょっと怪しげなジュースや近くでとれた野菜。切手もアイスクリームも売っていた。ちょっと三流っぽいメーカーの12色のクレパスが欲しくてたまらなかった。クレパスは持っていたので、買ってもらえないのはわかっていた。母に付いてお店の中をぐるぐる回りながら、心はクレパスでいっぱいだった。よろず屋さんには独特の匂いがあった。ヌカやモミガラの匂いなのか、日焼けした紙の匂いなのかサンフランシスコのオーガニックマーケット「レインボーグロッサリー」もなぜか同じ匂いがする。


桜の木のレターオープナーを001として、General Marketのカテゴリをオープン。

毎回、小さな封書を開けるように、どうかサクっと読み流して欲しい。


posted by YOKO at 10:02| Comment(0) | General Market