2016年02月19日

ブースデザイン「白い箱としての受容体」




インテリアライフスタイルショウの高知県ブースに続いて、羽毛ふとんレンタルビジンネスの会社コンフォートアライアンスのホテルレストランショウでのブースデザインを担当した。建築家の戸谷氏に全面的にフィニッシュを詰めていただいた。

ブースは受容体≠ナあると同時に発信体≠ナもある。双方向にワークするシンプルな白い箱をめざした。にぎやかでさまざまな光や色や文字や凹凸が錯綜するブース群の中で、ひときわ際立つように想定し、実践した。

羽毛はメンテナンスにより100年使える、リサイクル羽毛はバージン羽毛に勝るとも劣らないというメッセージを発信するため、ペットボトルに羽毛を詰めてアイキャッチとした。

床を白にすることには懸念や反対もあった。汚れが目立つという理由である。

それでも白を押し通した。汚れが目立つこと以前に、気にそぐわない妥協色が目立つことを恐れた。結果、ほとんど汚れることもなく、汚れ自体もめだたなかった。

やってみないとわからないことを、やってみるのはリスクとは思わない。それは小さなチャレンジであり、チャレンジの積み重ねの無いところに、前進もないと思うshow_6262.jpgshow_6295.jpgshow_6293.jpgshow_6368.jpgshow_6361.jpgshow_6315.jpgshow_6378.jpgshow_6383.jpgshow_6398.jpgshow_6274.jpgshow_6405.jpg



posted by YOKO at 10:35| Comment(0) | topics
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: