2016年02月13日

思いがけなさ

垣間見えた世界、偶然に出くわした世界を切り取るとることは、写真の楽しさでもあります。
ベルリンの壁(保存されているもの)の隙間からのぞいた向こう側の壁。
私を見下ろしているうちのネコ、マレーネ。きれいなお店のありそうでなかなか無いディスプレイ。
ウィンドーにプリントされたイラストの影。コペンハーゲンからスエーデンに向かう列車の窓から見た風車の群れ。
本来的には誰か別の人や別の目的で用意されたはずの風景が、その瞬間に自分のものとなって語りかけてくれる。
journal-DSCN0062.jpgjournal-2078.jpgjournal-_0113.jpgjournal-_1783.jpgjournal-DSCN0060.jpgjournal-_6223.jpg12-journal_6221.jpg
posted by YOKO at 12:41| Comment(0) | journal
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: