2016年10月19日

New York "The High Line" 都市環境のリモデリングの成功例

マンハッタンLower West Side、貨物列車の高架鉄道High Line跡に造られた全長1.45マイル(2.33k)の空中ガーデン散歩を楽しんだ。

http://www.thehighline.org/visit

Chelsea 地区にあるWest 14th Street10th Avenueのアクセスから入る。

3階建てのビルからの眺めに相当する高さらしい。オープンアワーは、 朝7時から夜10時まで(12月から3月は7時まで) 。入場無料。ペットを連れて歩くことは禁止されている。サウスエンドはリニューアルして間もない(ちなみに建築家は関西空港の建築家、レンゾ•ピアノ)Whitney Museum

高層ビルが作る光と影の谷間を歩くことになれてしまうマンハッタンでは、驚くほど新鮮な開放感をまず感じる。風が通り、喧騒から隔たり、日光がさんさんと降り注ぐ。目の前に展開する風景は普段の目線の高さとは異なり、新鮮な視野が開ける。同時に、眼下にストリートの果てしない喧騒が手に取るように見下ろせる。

ガーデンに採用された草花や草木のセレクションがいかにも自然で親しみやすい。その辺の原っぱに茂っている名もない草のような可憐で素朴な植物が、さまざまな背丈に成長している。

たくさんのヴォランティアの人たちが忙しく働いている。

あちこちにスリックなデザインの木製のベンチが造られていて、草木の植え込みとうまく溶け込んでいる。素材の木の色も風雨にさらされてくすんだ風合いで、可能な限り自然と一体化する環境を表現している。植え込みと歩道との境、つまり歩道の縁が少しだけ盛り上がっていて、植え込みに入り込み過ぎると、その盛り上がりが足先に触れて無言の警告を身体が感じとる。このあたり、実にうまい。

ところどころに、アーティストの作品がそれとなく配されていて、作品なのか、オフィシャルなサインなのか、あるいは鉄道時代のなごりなのか、環境を粋に使いこなし、ウィットに満ちたセレクションが生きている。

14thからのアクセスでは、いきなりアンダーウエアだけで立つ人物像のアートが迎えてくれた。

2人のアメリカ人アーティスト、Barbara KrugerKathryn Andrewsによるメッセージアートに圧倒される。

BLIND IDEALISM IS REACTIONARY SCARKY DEADLY.

http://art.thehighline.org/project/barbarakruger/

直訳すると、「盲目的な理想主義は、反動であり、脅威であり、致命的である。」

一方、Kathryn Andrewsの作品。

BYOND THIS POINT YOU MAY ENCOUNTER NUDE SUNBATHERS

「ここからは、日焼けを目的とするヌーディストたちに遭遇するかもしれません。」

ことばやフレーズで読む人を自身の世界に引き込む表現方法を使うアーティストたちがいる。

開放感に浸りながらの散策でも、ちょっとしたことでさまざまな想いが飛び交うのが、私たちの日常であり、都会人の抜けられないディレンマ。ただ、歩くことでいろいろな考えも生まれ、同時に散らばっていた気持ちもまとまっていく…

郊外まででかける時間も余裕もないニューヨーカーが簡単に得られる気分転換、リセットスポットとして、The High Lineは確実に都市に生きている。しかも、逃避ではなく日常の一部として、すぐそばの現実も忘れさせない。

HL_9384.jpg

HL_9394.jpgHL_9401.jpg

HL_9411.jpgHL9396.jpgHL_9504.jpgHL_9419.jpgHL_9420.jpgHL_9510.jpg

HL_9439.jpgHL_9457.jpgHL_9462.jpgHL_9451.jpg
HL_9515.jpgHL_9524.jpg
HL_9445.jpgHL_9484.jpgHL_9485.jpg


posted by YOKO at 00:53| Comment(0) | topics